« 「だんだん」好きになりました | トップページ | 「新選組!」でサンバ »

「ゴンゾウ」最終回・ロケ地

011 乙部君の生家に行ってきました。「ゴンゾウ」最終回、黒木が首から血を噴出させながら、奇跡的に生きていた例のシーンを撮ったロケ地です。

場所は埼玉県北部の深谷市です。大宮から高崎線で40分余で深谷駅に着きました。深谷駅は「関東の駅百選」に選ばれている赤レンガ造りのモダンな駅です。どこかで見たことがある駅、と思う方も多いのでは? 東京駅に似ています。それもそのはず、平成8年に東京駅を模して改築されたのです。

明治の実業家・渋沢栄一は、天保11年(1840年)2月13日、武蔵国血洗島村(現在の深谷市)で生まれました。渋沢栄一は明治20年、深谷に日本煉瓦製造会社を設立し、生産されたレンガは、東京駅、赤坂離宮などに使われたのです。

深谷駅で「ゴンゾウ」ロケも行われたようですが、本放送ではカットされていました。年末に発売されるDVDの特典映像に、この駅舎が映ったシーンがあるかもしれませんね。

006 駅から徒歩10分程で「乙部醤油」に着きました。「乙部醤油」として撮影された七ツ梅酒造跡地です。ドラマの中でも見られた特徴のある煙突が目印です。蔦の絡まる白壁の蔵が見たかったのですが、扉が閉まっていて中に入ることはできませんでした。この写真を撮っていると、「あれ、また来てるよ」と言いながら、おじさんが近づいてきました。

おじさんは七ツ梅酒造跡地真向かいにある製菓店のご主人でした。なにしろ真向かいのお店のご主人なのでロケ情報に詳しいのです。先日、松たか子さんが映画のロケに来たときは、ファンが50人くらい集まっていたとのこと。おじさん曰く、「(ファンは)みんな女だったよ」・・・松さんは女性ファンも多いのかな? でも女ばかり50人というのは何か変? と、思って調べました。撮影していた松さん主演の映画はこちらでした。50人の女性ファンの中には、共演の浅野忠信さん目当ての方も多かったのではないでしょうか? おじさんは浅野さんに気付かなかったのか、あるいは知らなかったのか・・・

おじさんはお話が好きなようで、いろいろと教えてくださいました。「『警官の血』の江口洋介はカッコ良かったよ。あんたもそっちのファン?」 「私は『ゴンゾウ』が好きだったので・・・」 「『ゴンゾウ』って誰が出てた?」 「内野聖陽さんとか、内田朝陽さんとか・・・筒井道隆さんとか・・・」(何で筒井さんの名前を最後に言うんだ)  「覚えてないなぁ」・・・私が一番知りたかったところをおじさんは覚えていませんでした。「警官の血」の撮影は道路に面した外側でも行われたようなので、おじさんも撮影風景を間近に観ることができ、強く印象に残ったのでしょう。

おじさんのお店にはロケに来た何人かの俳優さんのサインもありましたが、「ゴンゾウ」関係者のサインはありませんでした。ロケのことも覚えていないのですから当たり前ですね。たくさんお話を伺ったので、おじさん手作りの酒饅頭を買って帰りました。

009_2 深谷には確かに昭和の香りのする町並みが残っています。特産品として深谷ねぎが有名ですが、最近は煮ぼうとうもB級グルメとして有名になっています。せっかく深谷に来たのですから、お昼に食べました。煮ぼうとうマップに載っているキンカ堂5Fの「麦んこ」で食べたのですが、山梨のほうとうよりもあっさりした感じの醤油味で、とても美味しかったです。

012_2 023_2 深谷を後にして、次に向ったのは新潟でも、タイムスリップした東京駅でもありません。大宮の鉄道博物館に行ってきました。懐かしい列車などが見られ、なかなか面白かったです。鉄道オタクならば何度も通いたくなる場所でしょう。

|
|

« 「だんだん」好きになりました | トップページ | 「新選組!」でサンバ »

コメント

happy0111月になりましたね。
「ゴンゾウ」を毎週観るのを楽しみにしていた頃が懐かしいです。

七ツ梅酒造跡地は映画やドラマのロケによく使われるんですね。東京から比較的近くにある立地もいいのでしょうね。筒井君は松さんとは「こんな私に誰がした」浅野さんとは「バタアシ金魚」で共演していますね。どちらも古い話ですが。江口さんとは映像での共演はありませんが、舞台「12人の優しい日本人」で共演。
「ゴンゾウ」の撮影はお饅頭屋さんから少し離れた場所での撮影だったのでしょうか。

「ほうとう」は山梨独特の食べ物と思っていました。子どもの頃よく祖母が作ってくれました。南瓜が入った味噌仕立て。調べてみると「隣接する長野県、静岡県や群馬県および埼玉県の山梨寄りには類似した醤油味の煮込み麺料理「おっきりこみ」「煮ぼうとう」などがあり、山梨県同様に近代に養蚕業が発達したこれら地域では広範な平打ち麺文化が形成されている。」とありました。認識不足でした。

私事ですが、10月の末に息子のお嫁さんが3200gの男の子を出産しました。お祖母ちゃんになりました。年には不足はありませんが。


投稿: なな | 2008年11月 4日 (火) 14時19分

しじゅうからさん、乙部醤油ならぬ七ッ梅酒造観にいかれたんですね。実は現在放送中の「イノセント・ラブ」観てたら私の勤務地のそばが映ったんで、最初は仕事の帰りにでも寄ってその場所生で確認しようと思ったんですが、やはりかったるいので辞めてしまいました。何時もながらしじゅうからさんの行動力には驚かされます。

小室さんのニュース驚きました!小室さん筒井君が出演していた「二十歳の約束」でBGMの曲を作曲しています。こんなにせつなくて綺麗な曲を作る方がこんな事をおこしてしまうなんて・・・昔の安室ちゃんの曲も好きなんで結構ショックです。

ななさんお孫さん誕生おめでとうございます!可愛いお孫さんが生まれた喜びと、おばあちゃんという呼び名への抵抗感・・・よくわかります。これからは、小さいお子さんと楽しく過ごす為に是非体力増強される事をお勧めしたいと思います。

投稿: 紫苑 | 2008年11月 5日 (水) 07時32分

ななさん、こんにちは。
お孫さんのお誕生、おめでとうございますshine また楽しみがひとつ増えましたね。孫は文句なしにかわいいみたいですね。私の友人でもすでに孫がいる人がいます。自分も、子どもも結婚が早いとあっという間に「おばあちゃん」になってしまうのです。18歳で子どもができて、その子も18歳で子どもができると、36歳で孫がいるわけで・・・筒井さんの年齢で孫がいてもおかしくないのです。その孫も18歳で子どもができると、54歳でひ孫がいることに・・・おそろしい・・・
江口さん関連のことは次の記事にいたします。

紫苑さん、こんにちは。
ようするに私は、マニアックで物好きな知りたがり屋なんでしょうね。今後もドラマ関連のどこかに行くかもしれません。
「二十歳の約束」というドラマは観ていなかったので、BGMの作曲が小室氏だということも知りませんでした。時代の寵児も堕ちてしまいましたね・・・

投稿: しじゅうから | 2008年11月 6日 (木) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49207/24957672

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴンゾウ」最終回・ロケ地:

« 「だんだん」好きになりました | トップページ | 「新選組!」でサンバ »