« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

「リテイク」最終回

12月3日に始まった8回の連続ドラマ、「リテイク 時をかける想い」が昨夜ついに最終回になりました。筒井さんをこんなに続けて見られたのは久しぶりで、純粋に嬉しかったです。筒井さんの自然体の演技や、ほっとさせられる声に癒されました。そして、私にとってこのドラマは、筒井さんファンになってから一番思い出深い作品になりました。

ドラマが始まる11月末に父の容態が悪くなり、医師から「時間の問題」と告げられました。2年半前に体調を崩してから、長期療養を続けていたのである程度の覚悟はできていましたが、やはり辛い宣告でした。

父の病院に通いながらも、仕事や家事は淡々とこなさねばならない・・・父は徐々に衰え、年末のある日、天に召されました。臨終、葬儀、火葬と、私にとって異常体験が続き、心がどうにかなってしまいそうでした。そんな時、筒井さんを見続けられたのは幸運なことでした。

最終回で明かされた薫の正体・・・電車事故で亡くなる父・新谷を救うために、未来からリテイクしてきた娘だったということも、感慨深いものでした。

この二か月、個人的に大変なことの連続でしたが、「リテイク」の他にも「花嵐の剣士」や「ホノルルセンチュリーライド」、「リテイク」の番宣の「新春ドラマツアーズ」など筒井さんの姿を見る機会が多かったです。葬儀を終えて放心状態で家に帰ったときは、BSプレミアムで映画「バラッド 名もなき恋のうた」が放送されていて救われました。

筒井さんと成海さん、クランクアップで花束を渡されたときの笑顔が良いですね。

筒井さん、本当にありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »